日本酒発祥の地と言われる島根出雲の地酒・純米酒・古酒・秘蔵酒のヤマサン正宗は純米大吟醸、大吟醸酒、吟醸酒など日本酒蔵元・酒持田本店の銘柄酒。加藤杜氏と蔵人が手作りにこだわりヤマサン正宗の銘柄で親しまれています。
酒持田本店

スタッフ紹介

日本酒がお客様の元に届くまで。
スタッフ紹介

お客様のお手元に届くまで

お客様のお手元に商品が届くまでをスタッフ紹介を交えてご説明させていただきます。

1.瓶詰

さて、できあがったお酒は、タンクまたは瓶に詰めた状態で、出荷の頃合を計ります。生酒はマイナス3℃の冷凍庫で、火入れしたものは蔵内で、じっと商品になる日を待ちます。いざ出荷となると、濾過の有無、詰める瓶の大きさ、原酒でないものは加水量を決めて瓶詰します。大村が主に担当しています。

 
  2.ラベル貼

上撰、佳撰など一度に大量に瓶詰めするものはラベルを自動で貼りますが、他のものは全て手貼りです。誰が拵えたものか分かりませんが、瓶を専用の台に載せ、一枚一枚糊付けしていきます。嘉儀が担当しています。

  3.受注

来店される方、電話・FAX・インターネットと今や様々な方法で注文をいただきます。またお客様の好みの多様化に伴って、包装、地方発送、オリジナルラベルなどの様々なご要望もいただきます。そういったご要望にお応えしているのが、勝部、伊藤です。なんでもお気軽にご相談ください。

4.営業、配達

屋号の入った前掛けを締めて、小売店に、飲食店に、ご家庭にお邪魔しています。ご注文をいただいたお酒を配達するのは勿論、取引先、お客様の開拓、提案をしています。担当しているのは、郷原、村松です。勝部、伊藤と共にお客様に一番近い場所で仕事をしています。