日本酒発祥の地と言われる島根出雲の地酒・純米酒・古酒・秘蔵酒のヤマサン正宗は純米大吟醸、大吟醸酒、吟醸酒など日本酒蔵元・酒持田本店の銘柄酒。加藤杜氏と蔵人が手作りにこだわりヤマサン正宗の銘柄で親しまれています。
酒持田本店

木綿街道

酒持田本店の蔵がある周辺は、白壁の土蔵や妻入り造りの町屋が並び、ノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。
*機織り体験“木綿屋”
機織り体験“木綿屋”

 宍道湖と日本海に挟まれた島根県東部の小さな町、平田。海、山、湖、川と自然に恵まれた町ですが、当社が位置する辺りはかつて木綿の栽培が盛んなことで有名でした。

 1700年代頃から綿作が始まり、18世紀後期からは他国に販売。藩が品質管理を徹底させたため、上方でも高い評価を得て、大阪三井は買方を派遣していたほどでした。明治には紡績工場ができ、県内きっての工業都市へと発展します。

 街はその頃急激に繁栄。白木綿取り引きで商人町として賑わい、人口も大幅に増えました。川に恵まれたため、「かけ出し(荷揚場)」や「押し庭(川からの屋内通路)」など水運を利用した家屋が多く建立。帆船が多数往来し、昭和26年頃までは定期船便も。

*酒持田本店の店舗。観光のおり、是非お立ち寄り下さい。
酒持田本店の店舗。観光のおり、是非お立ち寄り下さい。

 家屋は妻入り、白壁の土蔵が並び、間口が狭く奥に長いのが特徴。経済力の割に外観は一見質素ですが、材木や塗り、襖絵、内装などにこだわっている家が多く、当時の豊かさを感じます。

 さまざまな時代背景の下、平田の街も当時とは装いがすっかり変わりました。しかし昔ながらの家屋やかけ出しなどは残り、老舗の酒屋、醤油屋、菓子屋なども伝統の味を守り続けています。そんな中、有志市民らが数年前から、かつてのにぎわいを取り戻そう、自分たちの街を見直そうということで、一帯に付けた名前が「木綿街道」です。

 昔と今の人々の生活の匂いや音が残る古い町。幼い頃を思い出しながら歩いてみませんか。

12507
木綿街道の写真をご覧ください。
今も昔懐かしい街並を残す木綿街道。なぜ木綿街道と呼ばれるようになったのか・・。木綿街道についてわかります。