25酒造 新酒搾りました!

2013年12月20日
25酒造 新酒搾りました!

よく目を凝らして、屋根の上をご覧ください。

長靴をはいた蔵人が竹を据え付けています。

道路の反対側では、頭(かしら:杜氏の補佐、No.2)が、腕組みをして、指示しています。

当蔵へいらっしゃったことがある方はご覧になったこともあるかと思いますが、

この竹を付け替える儀式は、この季節の大切な行事です。

意味はよく酒蔵の軒先にある杉玉と同じで、新酒ができましたよと、皆さんにお知らせする役割をはたしています。

酒米は一般米よりも収穫時期が遅いものが多いため、10月にできた米を精米して、麹を作ってとやっていると、どうしてもこの時期になってしまします。

今日が、今酒造最初の搾りで、これから3月頃まで、順次お酒を搾っていくわけです。

 
25酒造 新酒搾りました!
 
 
 
Copyright (C) 2007 sakemochida. All rights reserved.